ブログの話

20歳の男がブログを始めたきっかけ

貪欲に自分向上心とスキルアップを求めてる。

最近、

やってみたいこと」「読んでみたい本」「言ってみたい国・場所」などなど、

『Want to』の部分が増えてきている自分が少し好きです。(ナルシストではないよ)

 

とにかく自分を高めるために、

より今時点の段階で、

1カ月後、半年後、1年後・・・と時間が経った時に自分が

 

どうなっていたいのか。

どうあるべきなのか。

夢を実現するための階段をどこまで登っていなければならないのか。

 

とか、そんなようなことをよく考えています。

1日24時間365日人類皆平等にある時間の中で自分ができること、しなければならないこと、したいこと、伝えていきたいこと、目指していること、たくさんあります。

最近は本を読んで(落合さんとか、箕輪さん関連、ホリエモンとか)たくさんインプットしたり、ココナラで本業の傍ら複業をしたり。

 

今回ブログを始めたのはその、「やりたかったこと」の中の一つにそれがあったから。

 

それこそ自己啓発系の本を読んでいて、

「あ、これいいな」とか「この部分の言葉めっちゃいい、シェアしたい」とか「このマインドをどこかに残してキープしておきたい」とかって、思ったときに、ブログだな~、って。

 

結局「やる」or「やらない」の二択しかない。

 

最近読んだ本にも書いてたけど、

 

「○○さんの話、すごい!めっちゃやる気が出てきました!」

「あれもしたい!これもやってみたい!それもやってみたい!」

 

やる気が出るのはいいことだし、やりたいことがたくさんあることももちろんいいこと。

でもやる気が起きてるだけの状態ってまだ「何もしてない」のと全く一緒で、

 

やる「気」を出すんじゃなくて、やれよ。

やって「みたい」んじゃなくて、やれよ。

 

ってことが書かれていて、その本の中ですごく強いインパクトが自分にはあったんですよね。

やる「気」を出すくらいなら、やれ。』 なんてストレートでかっこいい言葉。

てことで始めたこのブログ。

 

少しでも読者の気持ちが前に進むように。

やる「気」じゃなくてやってくれるように。

 

気持ち、押します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう