Google

Googleが発表した目の不自由な人向けのアプリがすごい

その名も『Lookout』

米国時間5月8日にGoogleが発表した、周囲にある物体やテキスト、人についてユーザーに音声で情報を伝える「Android」版アプリ「Lookout」というアプリを開発していることを発表したという記事を見ました。

ちなみにこんな記事。(英語だけど)

使用の際には、アプリをインストールしてあるデバイスをポケットやシャツ、ストラップ等でかけたりして身につけ、カメラが外に出るようにして持ち歩くことで、そのカメラから情報を得て、ユーザーの行動に基づいて動作するそう。

しかもインターネットに接続していなくても使用が可能。

さらに、機械学習を利用しているそうで、ユーザーが音声で「◯◯したい」のような実際に音声で伝えて欲しい情報、内容をきちんと学習するみたいで。

 

まさに、AI時代ですよね。

 

またLookoutは、ユーザーのその時点での行動に基づき4つのモードで動作する機能もあります。

これらのモードにはそれぞれ、

  • Home(自宅)
  • Work & Play(仕事、遊び)
  • Scan(スキャン)
  • Experimental(実験)

という名がついており、
このモードを選択すると、アプリ側は自宅の家のソファの場所や、会社やデパートのエレベーターの場所、像や置物など、周囲で検知した物体についての情報をユーザーに音声で伝えてくれる機能。

アプリのScan機能については、料理本、雑誌に掲載されたレシピや文字などのテキストを読み上げることも可能で、Experimentalモードでは現在開発中の機能各種を試験的に体験することができる。らしい。

 

世界中に数多くいる視覚障がい者のさらなる自立を後押しすることを目指して開発を進めているGoogle、やっぱすごいなぁ。

こういうところでも、

収益を第一に考えて作る」会社、サービスではなくて

誰か必要としている人のために作る」会社、サービスであるところが

世界中で使用されているものの新ためて実感。

 

Lookoutアプリは2018年内に米国向け「Google Play」ストアで提供開始される予定のようです。

目も耳も不自由な方達も、5体満足の方達と同じように生活する日が来るのも

近いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう