アフィリエイト

ブログ初心者が「100記事」書くことの意味

なんで「100」記事なの?

プロのブロガー達がアフィリエイトで稼ぐことを夢見た新米ブロガー達に口を揃えて言っている

とりあえず100記事書け

自分なりにこの「100記事」という一つのターニングポイントを

なぜ多くのプロブロガー達は最初の目標として推すのか。それについて考えてみました!

 

100記事書くことで記事作成の作業スピードは単純に100倍になる。

 

単純に考えて、1記事目を書き始めて、

その時のスピードより100回目ブログを書き終えた人の方が格段に1記事を書き終えるスピードは早くなっていて、

その分1日に1記事しか書けなかった作業スピードが×100倍のスピードで書くことができるようになる。そしてその浮いた時間で次の記事を書くことができ、合わせて生産スピードも比例して早くなっていく。

 

ただ、大事なのはあくまで「100記事書けばもうかなりの収益になる」ということではもちろんなくて、「100記事書けば収益を得るための準備が完了して、やっとこれから収益化に向けてスタートをすることができる」という状態になった、ということ。決して100記事書けばもうクリアなんて甘い世界ではない。当然の話だけど。

 

100記事書くことで自分の得意なジャンルが自ずと見つかってくる

 

100記事書くためには、とりあえず「質より量」で。思ったことや感じたこと、失敗したことや驚いたこと、自分の趣味でもなんでもいいと思うんですよ最初は。とにかく書く。書いて書いて書きまくる。

そうしていくうちに自分の好きなジャンルの話題とか、得意なブログの書き方まとめ方、ブログの方向性とか系統など、ある意味「ブログ内での自分探し」が無意識でできてるんだと思う。あといろんなジャンルを書くから、何かのジャンルに引っかかる確率が多い。

 

最初から方向性を決めているブロガーさん達もいるけど、

そのネタがなくなったとき、詰まるのかな〜ってなんとなく思う。

いやでも、そこはプロの力と知識があればネタが湧いて出てくるのかもしれないけどね。

このサイトみたいに、最初は雑記とか、自分の思ったことをどんどん綴っていってった先に、

自分の本当に作っていきたいコンテンツが生まれてくるんだと思う。

 

100記事書くことで単純に量が増え、その量がPVを稼いでくれる

シュフえもんさんのツイートにもあるけど、単発で万PVの記事を狙うのも大事だけど、その単発の記事を狙うより、月のPV数が少なくてもいいから、同じようなPV数の記事がたくさんあって合計万PVになっていても全く同じで、

むしろ個人的には、同じくらいのPV数を量産してるってことはブログとして安定もしてるってことだから、そこからPV数を増やすことに焦点を絞って取り組むこともできると思う。

だからこそ、とにかく記事を書いていこう、って話。ジャンルがどーのこーのっていうより、

書くこと自体に意味がある。

【まとめ】やればやるだけ成果が応えてくれるのがブログ

いかがでしたでしょうか?

100記事を書くことの意味、

なんとなくイメージできましたかね?(もうプロブロガーみたいなセリフ言ってる)

報酬系とはちょっと違うけれど、自分がやればやるだけ成果がはっきりと応えてくれるのがブログだと僕個人的には思っています。

100記事はあくまで経過点であって、なんなら出発点にもなってない。100記事書いてやっとブログとして機能が出始めてきて、今まで書いてきたコンテンツ、これからのコンテンツが活きてくるようになってくると思います。

1日3記事書いていけば、1ヶ月と4日で達成。

絶対書く!!!ってくらいだと長続きがしなさそうなので、あまり記事数は気にしてないけど、なるべく気になったこととかためになったことがあったらすぐ記事に起こすようにしています。

まずは1記事。塵も積もれば山となる。まずは書いて誰かに見てもらいましょ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう