Canva

【実践】ちょっとだけサイトアクセスが伸びてきたからFacebook Page作ってみました

先週全然更新出来ませんでしたが、今日やっと投稿。

やっぱり継続って難しいですね。

「継続は力なり」とかってよくいうけど、「継続していく」っていうことは「習慣にしていく」ってことで、でも習慣にしていくためには毎日継続的な「意識」を持って、それをおこなっていかなければならなくて、その継続が習慣になっていって初めて「力」になっていく為のスタートを切れるんだと思う。

だからまだまだこの「100記事」書くまでの道のりは「習慣づくり」の家庭の最中で、

「100記事」書いた後から、やっと習慣づいたところからブログの『力(ストック)』を強めていけるんだと思う。

そんなことを考える今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

最近、一番多くて80アクセスを記録しまして、今後ブログを広告うって広めてみようとか企んでるんで(あまりやってる人を聞いたことがないから)兼使ってるプラグインでいいね機能をすぐに実装できるからってことで、

Facebook Page開設しました!

こんな見た目ですね。(画像クリックでページに飛びます)

ちなみに、今回このFacebook Page用に作ったアイコンとカバー写真は、「Canva」というソフトを使って作ってみました!めっちゃ簡単に作れる。しかもおしゃれでサイズまでもう計算された状態で作成始められるから、SNS系で何か作りたいと思っている方々にはぜひおすすめ!!

この今回作成した「Canva」についての記事も書いてますので、ぜひご覧くださいね〜

あわせて読みたい
無料で高機能なデザインができる『Canva』がオススメ。最近見つけたすごいデザインアプリがあるんですよ。 『Canva(キャンヴァ)』 っていうんですけど、これの何がすごいかって言...

個人ページとFacebook Pageの違い

各ページをそれぞれ説明すると、

個人ページ

  • 本名でのみ登録可能(病院名や商品名、サービス名等はNGです)
  • 友達申請ができる(5000人まで)
  • 友達になった人の個人ページや投稿、ライブ放送に「いいね!」やコメントができる
  • 自分が「いいね!」をしたFacebookページに書き込みができる
  • 広告は出すことができない
  • インサイト機能(アクセス数やいいね!数を調べる機能)は使用できない
  • Facebookにログインしている人しか見ることができない
  • 投稿した内容は、Yahoo!やGoogleには基本的にSEO効果を持っていない

Facebook Page

  • 本名以外で登録可能(社名や商品、サイト名、サービス名など)
  • 友達申請は不可
  • Facebook Pageの「いいね!」を押してくれた人は、友達ではなく「ファン」として扱われる
  • 「いいね!」した人の人数は無制限
  • Facebook Pageに投稿した内容は、ファンのニュースフィード(お知らせ欄)に表示される
  • 他の人の個人ページに書き込みはできないが、自分のFacebook Pageに投稿された書き込みに対して、返信コメントを書くことはできる(Facebook Page側から個人へ促すことはできない)
  • 他の人のFacebook Pageに書き込みができる(もちろん個人のページから書き込みもできる)
  • 自分のを
  • Facebookの広告が使える(ビジネスマネージャーからも管理できる)
  • インサイト(アクセス数やいいね!数を調べる機能)が使える
  • Facebookにログインしていない人でも閲覧できる
  • 投稿した内容は、YahooやGoogle等の検索エンジンの検索対象になる(SEO効果あり)

といったところ。これをみてもやっぱりビジネス向けに使用できるってのがわかりますよね

Facebook Pageって誰でも簡単に作れるの知ってた?

サイトを持っている個人や会社、メーカーとかのFacebook Pageをよく見ると思うんですけど、

実は作成方法ってめっちゃ簡単で、しかも「一瞬で」出来ちゃうんですよ。さらにはこのページを用いてFacebook広告やコンバージョンの設定もできるっていうことで、結構お手軽に高カスタマイズが出来ます。

簡単に紹介しちゃいましょう。

Facebookにログイン

普段通りに、上のログイン部分からログインするか、もしまだアカウントを持っていない方は下の方にあるフォームから、新規アカウント登録をした後、ログインします。登録は簡単なので諦めないでね。

メニューバー横の下矢印マークをクリックし、「ページを作成」をクリック

ビジネスやブランド、コミュニティや著名人など、使用用途に合ったページを選択する

自分の使用用途に合わせて、あっている方のスタートを押すと、次のような画面になるので、

「ページ名」「ページのカテゴリー」を記入する

あとはアイコンとカバー写真を設定して完成!

お好みでページIDも設定しましょう。この記事でも使ってますが、WordPressでFacebook Pageへ直接行かなくてもボタン一つで自分のページのいいねを促せるのでオススメです。

(フリではないけれどいいねしてくれてもいいよ)

今後のこのページの使用用途

せっかく作ったのでうまく有効活用したいなって考えてますが、

具体的に考えがついてるのが

  • 広告運用
  • Facebook Pageからの記事通知(アクセス促し)
  • カスタムコンバージョンを用いてFacebook Pageからのアクセス解析
  • ブログの各記事からページへのいいねを促す

こんなところ。

今後、Facebook自体の広告の規制や制限、または追加機能など、

長い目で見るときっと出てくると思うので、

みなさんもぜひ作るのは簡単だし消すのも簡単なので、作ってみては?

どんどん使える機能は活用していこう。

今後の「気持ちプレス」のFacebook Pageに期待。笑

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう