ダイエット

ダイエットはこれから「ちょい足し」や「ちょい引き」が一般的に?

「続けられる」ことを目的としたダイエットが今主流になってきている

普段の食事を制限しすぎるダイエットは、避けられる傾向になってきている

ダイエットは四季や時期を問わず常に女性の関心を集めています。

続々と様々なダイエット食品が売られてきて、新しいダイエット法が日々次々と誕生していますが、今は海外発祥のダイエットも多くみられ、新しいダイエット食品が出れば気になるという人、または新しいダイエット食品が出てくるとすぐ試してみる人も多いはずです。ダイエット食品としては、流行に敏感な女心をくすぐれるかどうかもかなり重要な要素で、有名モデルや女優が実際に体験・実践しているなど、目に見える効果があるかどうかも大切になります。

“結果を出すことにこだわっているダイエット”が根強くある一方で、厳しい食事制限を行うダイエットは主流から外れる傾向があります。ダイエットのトレンドは「常に続けられるか」「そのダイエットは楽かどうか」に強く影響されるからです。

また、体重が落ちても肌の調子が悪くなったり、仕事や私生活に影響を与えてしまうダイエットはすぐには実践せず一旦考えてみたほうが良いです。そのため、現在では食べる物はしっかりと食べて栄養を取りつつ、かつ健康的に痩せることができるダイエットがトレンドに並ぶようになっているのです。ちょい足しやちょい引きのブームも継続していて、うまく取り入れることでストレスを和らげつつダイエットができるようになっています。せっかく痩せたのに、ストレスや他のことが原因で起こってしまう「リバウンド」を防ぐ意味でも続けられるかどうかが重要なのです。

ダイエットは「✖︎カロリー」→「◯組み合わせ」な時代に

従来ではダイエットといえばカロリーを控えるというのが常識でしたが、最近ではそのイメージ自体が崩れつつあります。カロリーの高さに対して体に吸収されていく割合は一致せず、むしろ痩せやすい体質作りに貢献する食材などが見つかってきているからです。ヴァージンオリーブオイルやココナッツオイルなどの上質な植物油などが代表的です。上質な植物油、魚の脂は人間の体温では固まりにくいのが特徴。この植物油や魚の脂が体の中に入ると血液をさらさらにし、血中脂肪の蓄積を予防してくれる成分も存在してくれていたります。不飽和脂肪酸と呼ばれる分類に分類される油を少量とることは、一見体を太らせてしまいそうですが、かえってダイエットの役に立つといわれ始めているのです。

ダイエット時に肉を食べるのも重要とされています。正確には肉に含まれているたんぱく質を摂取することが大切です。たんぱく質を分解してできるアミノ酸の中には、脂肪の燃焼サイクルに影響を与えるものがあります。脂肪になりやすい炭水化物を抜いて、たんぱく質を積極的に摂取するダイエットも人気(これまた一見太りそうですが)で、最近は結果を重視する人に好まれる傾向があります。

ダイエットには足し算だけじゃなくて引き算(ちょい引き)も重要な要素!

ちょい引きダイエット代表:ファスティングとは

ファスティングとは「断食」を取り入れたダイエット法になっています。本格的なファスティングは数日かけて食事量を少しずつ落としていき、全く物を食べない日を作って体を休ませ、また食べ物を食べるというサイクルを作ります。ファスティングは体の毒素を排出するのにとても有効とされており、うまく利用すれば健康的にやせられることがあるのです。

しかし、本格的なファスティングを日常生活に取り入れるのはなかなか難しく、道場や合宿などで行うのが一般的になっています。単純にご飯を食べないですから、簡単に日頃食べているものを抜くと考えるだけでもお腹減っちゃいますよね。笑

日常に取り入れられるファスティングとは、本格的なものではなくいわばプチ断食といえるようなものになっています。グリーンスムージーや酵素ドリンク、コンブチャなど、各種ドリンクと朝食を入れ替える方法がもっともわかりやすい方法かと思います。栄養を補給しながらカロリーを控えることが可能で、朝ご飯をよく抜くクセがある人も、このファスティングにはチャレンジしやすいというのがメリットです。逆に完全に朝食を抜いてしまった方が太りやすくなってしまうこともあるため、食事の置き換えを行っていくことで体を守りつつもキレイに痩せることを目指すことができます。極端に食事を抜くとリバウンドが発生する可能性がより高くなってしまうため、ちょっとした手間で手軽に続けられる”ちょい引きダイエット”も人気なのです。現在では腹持ちのよさを意識してコンニャクマンナンなどを入れたドリンクも数多く販売されていおり、空腹感を紛らわすために活用する人も増えてきています。

ダイエット後の「副作用」への注目が集まっている

ダイエットのトレンド情報が広まるのは非常に早く、成功や失敗などの体験談情報もネットでちょろっと検索すればすぐ出てくるほど、でまわりやすくなっています。やってみてはじめてわかる副作用に対して敏感になる人も多く、自分の体への影響も考えてチェックしたいポイントになっています。痩せることができたとしても、痩せる以外の部分に悪影響があれば結果的にマイナスになってしまうからです。

例えば、炭水化物を抜くダイエットは体内の脂肪燃焼に関わると言われている「ケトン体」という物質を増やす作用があることが知られています。しかし、ケトン体は増えてくると自身から出てくる体臭がきつくなりやすいというデメリットがあります。また、ケトン体の生産を続ける生活サイクルは実は内蔵への負担が大きく、年単位でこれを行うと体を壊す原因になる場合もあります。短期集中での体を絞る目的としてはこの方法は向いているものの、のんびりマイペースに痩せることを目指す人には不向きな方法なのです。ダイエットによって様々な特性があるため、自分の目的や痩せたい方法、体質にあわせて実際に行う手段を選ぶことが大切になってきています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今現在もどんどんとダイエットのトレンドは常に変わっていっていますが、全体としては少しずつ健康的に痩せる方向に変わりつつあります。また、自分の体質や生活への影響を考慮してダイエット法を選ぶ人が増えていて、無理をせずに痩せたいと思う人が増えてきているのです。

現在第一線で活躍する女優やモデルを目標を見つけ、一般的に出回っているダイエット法に自分なりのアイディアを加えて、アレンジに成功している人が誕生しているのもポイントになっています。

自分の体への影響や生活への支障を考慮して、自分にあった自分だけのダイエット法を探してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう