アメリカ

海外で仕事をすることの良さと見つけ方

ここ数年では、多くの人が、仕事の関係で海外へ行くようになっていると言われています。また、海外へ定住する移住者も年々増加してきているとも言われています。

学生時代の頃に交換留学や強化生として海外に留学して勉強をする人が多くなってきていることが、海外での仕事が増えてきているきっかけのようです。全然仕事を探しに行ったわけではないんだけれど、縁あって留学先の企業や紹介から就職したという方もいらっしゃいます。

世界はグローバル化の波に乗ってどんどん進んでいるため、私たち日本人も、「日本人であること」を活かして仕事につく人も増えてきており、海外の仕事を希望する人もふえています。日本で長く働いていたとしても、所属会社やそのグループ会社の海外進出によって海外の部署や外国人のお客様との対応や商談をしなければいけない部署に異動になることも最近は少なくありません。海外企業が取引先になったり、海外からの買い付けが来たりと、外国人との仕事の機会も年々多くなっています。

国内だけで仕事をしていた時と違い、海外との仕事はそのための技術や経験も重要になっています。社員に英語のスキルを持たせるために、社内で英語のレッスンの機会をつくっている会社も最近は多くあります。国内で仕事をしている限り接点のない人と出会う機会があったり、何より海外に行ってビジネスをすることで日本だけでは得られない大きな経験を積むことができますので、きっと自分のプラスになると思います。

「海外で仕事したい!」と、海外の仕事に憧れていたという方にはとても嬉しいことでしょう。得に興味がなかったという人でも行ってよかったという人は意外と多いようです。ずっと国内で働いていたけど、海外で仕事をするということに長年憧れがあったという人が、海外での仕事につくということは、何か可能な方法が存在しているものなのでしょうか・・・。

いいえ!海外で仕事することに備えて、英語を強化したりして、転職を図る事も可能です。最近は、海外で仕事をしたい人に情報を提供してくれるようなサイトもあります。むしろグローバルビジネスの流れの中で、海外での仕事を望む人がふえています。

転職サイトでも、そういった人達の夢を叶えるために、積極的に海外の求人情報を募集・紹介したり、転職相談に乗ってくれたりします。

海外での仕事を見つける方法とは

海外の就職情報がチェックできる雑誌やサイトを使って、海外の仕事を探すことが可能です。

ハローワークや、国内企業を対象とした求人サイトは、やはり日本の仕事を探したい人向きです。海外で仕事を探す場合は、そのための求人情報を掲載しているサイトを探す必要があるんです。

ごく稀に、海外の仕事が求人票として出ていることもありますが、これはとても数が限られていて選びようがないほどわずかな数に留まります。仕事の数が少ないので、あまり職種も選ぶことができないかもしれません。職種や業種などを全く選ばないという人であれば、何とかなるかもしれません。

まずは海外の仕事の求人を掲載しているような雑誌や、サイトを探すところからスタートしてみましょう。もし目当てのサイトがあったなら、履歴書の作成方法や応募の手順などについてチェックしてください。日本での感覚で就職活動をしてしまうと、うまくいかないことがよくあるそうです。

海外で仕事をするためには、どうすればいいか、何を魅せればいいのか、調べておきましょう。履歴書の作成手順一つとっても、国内企業と、海外企業とでは異なる点がいろいろあったりします。書類の選考がうまくいったなら、次は担当者との面接をする必要があります。相手企業との交渉・商談や、面接で話す時などは日本語では通用しないというケースも割と多いようです。

言葉が話せるかどうかは、海外で仕事をする上ではとても大事です(当たり前ですが)。相手国の言葉が話せなければ、基本的な交渉もできない場合があります。タイやベトナムでも、英語ももちろん通じることが多いですが、現地の言語を話せた方が、よりコミュニティが深まったり、英語だけでは得られない良さも手に入れることもできると思います。自分の語学力を客観的に提示できるように、語学検定を受けておくことも必要ですね。海外で仕事をする時には、コミュニケーション力がしっかりある人物であることを、企業はそれを見ることが少なくありません。

外国語をしゃべることができるだけでなく、相手と話合って、考えを伝え合うことができるような人は、海外での仕事を得る機会が多いといわれています。

皆さんも、バイリンガル、トリリンガルを目指してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう