フリーランス

海外で仕事に就きたい!そんなあなたは「海外の仕事を紹介する会社」がいいかも

海外で仕事に就くなら「海外の仕事を紹介する会社」

もしもあなたが海外で仕事につきたいと思ったことがあったり、今もなおそうしたいと思っているけど「なんの仕事があるかわからない」「なんの仕事をすればいいか見つからない」などと悩んでいる方々には「海外の企業を紹介する会社」が役に立ちます。

これらの紹介会社というのは、海外で働きたい人たちと、海外で働いて欲しい人がいる会社たちとをつなぎ合わせてくれる役割を果たしています。海外企業と、海外での仕事を探す人との、条件が折り合う組み合わせを色々と紹介してくれるので、海外には行きたいけどどういう職種があるかとかどういう職に今募集がかかっているのかをいろいろと提案してくれます。

人材紹介会社の仕組みについて

人材紹介会社とは、企業側から仲介の手数料を受け取ることで経営を維持しています。依頼や募集をかけた企業が望む人材を見つけられてその人と採用できた時に、依頼した企業は紹介会社に対してマージンを支払います。こういった海外の仕事の紹介会社は、海外への出稼ぎや留学、仕事がしたい人が年々増えてきているので、色々と見つけることができます。

しかしその反面、あまり海外のことを知らない人に対して詐欺や嘘をついてマージンだけとって何もしないような悪質な紹介会社もいるので、利用する際はまず警戒して、その人のみに頼らずご自身でも確認したりして、注意をしなくてはなりません。タチの悪い紹介会社は、海外で仕事をしたいという人に、まず語学力の程度を確認します。海外の会社を斡旋するのではなく、海外留学をすることで、海外での仕事探しの足がかりにさせようとするのです。そういう人たちは、よりよい条件で海外の仕事を見つけるために、語学留学が役に立つという形でセールスをして来ることが多いようです。

海外留学を紹介することで、紹介した会社にはそれ相応のマージンが入りますので、会社は自社の利益率のために、海外での留学を勧めていることも多いです。一定期間海外に留学すると仕事を紹介しやすいという言い方をされたりしますが、それは海外への誘い文句としていうことも多いそうですので、あまりうのみにしないように気をつけましょう。

「正社員になれる可能性がある仕事」として、インターン留学を勧めてくるような会社もあるようですが、確かに、海外で経験をつめたり英語が話せるようになってくるというメリットはありますが、その後の就職につながる物ではない事もあります。(海外は海外なので。日本の企業とはまた少し違う感じはします。)海外留学や、海外でのボランティアやインターンシップの利用がもともと視野に入っている人ならともかく、海外での仕事探しが目的なのであればその会社はちょっと問題なのでは?と私の場合は疑問視してしまいます。

自分がお願いしようとしている会社が安心して相談できる人材紹介会社なのかどうかを知るためには、既にその会社を利用して海外での仕事を見つけたような人の経験談を参考にすることです。(yahoo!知恵袋や、どこかの口コミサイトや会社のレビューサイトなど。)

海外で一度は仕事をしてみたい!という人が年々増えてきているので、その分怪しい情報もたくさんあります。海外では騙す側の非よりも「騙される側の非」のほうが悪かったりもするので、自分の身を大事にしながら、慎重に探していくのをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう