就職

自分をうまく伝えたい!転職活動での自己PRの伝え方とは

自分をうまく伝えよう!自己PRの重要性とは

自己PRというのは、転職を成功させるために、自分の良さやメリットを伝える場であり、自分を知らない人に知ってもらう上でとても大事な情報であるとよく知られています。自分の良さやメリットをしっかりと伝えられれば、希望の職種へとうまく転職できるでしょう。未だ経験したことのない未知の業種へと転職を考えている人にとっては、どんな自己PRが会社に効果があるかわからないことがあります。

実際のところ、未経験の職種に転職するのは簡単なことではありません(もちろん経験したことのある職種でも転職が成功するかどうかについても簡単なことではありません)。それでも未経験分野へ、自分をより成長させたかったり、新しい自分になるために努力をして転職を成功させた人もいます。どこに焦点を絞るかにも寄りますが、過去の学歴や経歴、資格などよりもやはり自己PRをどのように組み立てるかで、企業に対して自分を売り込めるかが決まります。学歴や経歴や資格は、言ってしまえばみなさん誰もが通過したり誰でも取得することができる(書くことができる)内容だったりしますが、自己PRに関してはその人にしかないストーリーや口調、訴え方、内容があります。

どのような形であれ、会社というの規模が大きくなればなるほど「人材」という戦力を必要としています。そうなるともちろん経験をしたことがある人の方が優遇はされたりしますが、経験がある人はある人で、現場を硬直化させてしまうというリスクもあったりします。今ではその仕事をしたことがない人のほうが、逆にその仕事に対して先入観を持たずに、会社にとって有益な行動をとるかもしれません。

自己PRでは、他のどの会社でもなく

「この会社でなければ!!」

という意気込みを伝える必要があります。インターネットなどをうまく活用して、自分が受けようと思っている企業についての情報収集をきちんとしておきましょう。自己PRを作成する時には、その企業が欲しいと思っている人材やスキルと、自分との一致点を探していきます。加えて今まで経験したことを結び付け、先ほど話したお互いの一致点と相手のメリットを考えて自己PRをまとめましょう。自己PRをすることで、通常だと優遇される経験者を採用するよりもメリットが大きいことを主張するんです。転職を達成するためには、自己PRを重視して、それをうまく企業の欲しい人材とミックスさせて作ってみてください。

しかし、そうなると次にこんな悩みが出てくると思います。

自己PRの内容はどうしたらいい?

では、どのような内容にすればその会社と自分との共通点を良い形で自己PRにすれば良いのでしょうか。自己PRをどう主張するかは、転職活動では大事ですよね。自己PRに失敗すれば転職活動も思うようにいかないことは、言わずと知れています。どのような自己PRが、転職活動の成功確率を高めることができるのでしょうか。一般的な自己PRでは、今までの自分の経歴やスキル、実績に合わせた、転職するまでに至った考え方や気持ちなどを面接の場で相手に伝えていくことになります。どんな会社に応募するのか、転職希望先によって自分が訴えたいセールスポイントを変えるようにしましょう。

そして、最近ではコーポレートサイトからの応募ができる会社が増えてきました。履歴書をPDF等で作成してそれを添付して応募するという形がよくみられています。ネットからの応募ではいかに自分を差別化するかを考えて自己PRを作り上げられるかがポイントです。実際に顔を見て面接するわけではないので、できるだけ文面はわかりやすく、すっきりまとめた文章にしましょう。会社が欲している技能や技術をメインにし、自分のアピールポイントが明確になるような自己PRを考えます。過去に自分がしてきた経験や良さをを折り込みながら、自分自身を相手に売り込んでいきます。過去の実績ややり遂げた内容などを、相手に伝わりやすい形に整えて、自己PRをまとめましょう。また、過去に積みあげてきた実績が自分のこれからに、会社に入った時にその実績はどんなふうに関わっていくか、会社にとってどうプラスになるのかということも主張しましょう。自分の短所は決して言うことは悪いことではありません。自分の短所も、ネガティブに捉えて発するのではなく、ポジティブに考えて、「私はここが短所ですが、この短所を調書にできるよう人一倍努力します!」のように、マイナスな内容もプラスになるよう努力をしますよっていう1つの大きなセールスポイントにしましょう。

自己PRでは、今自分が持っている技能や資格などももちろん一つのアピールポイントとして役に立つでしょう。転職をうまく成功させるには、自己分析をしっかり行い、より他社より効果的な自己PRにつなげることで、自分の価値を企業に伝えることができます。

年代別にみる!転職での自己PRのポイント

若い人の転職と、30代40代の転職とでは、同じ内容でも企業側の見え方は変わってきます。何歳の時点での転職かでも、自己PRの内容は異なって来ると思います。同じ自己PRの内容でも、これから社会に進出しようとしている20代と、社会人人生も中間地点を過ぎた40代とでは、かなり条件が違ってきます。20代の場合はアルバイト時代での経験や自分の長所、短所といった「新卒」での採用と同じような内容になってしまいがちです。(年代が近いので、そうなりやすく自分の良さを伝えたりまとめるのが難しかったりします。)

一方、中途採用では新卒とはまた違う見方をします。これまでの実績や経験と自己PRの内容が簡単なダイジェストストーリーなどを踏まえてつながっていることが、説得力のある自己PRになるとおもいます。30代で自己PRを作成する場合も実績があってのことです。過去の出来事を淡々と書くだけでは効果的な自己PRを作成したいのであれば不十分です。どのようなことを成し遂げて、どんな実績を残したか、話がごちゃ混ぜにならないように筋道立ててまとめていきます。

企業側から見て、「この人が会社にとって戦力になれる人材なのかどうか」を判断する基準になる部分は資格や経歴ももちろんかかわってはきますが、近年では、視覚や学力よりも「人間性」や「コミュニケーション力」が重要視されてきています。その点から自己PRの重要性があるといえます。自己PRを作る時に大事なことは、「シンプル」で、伝えたい要点をわかりやすくまとめた自己PR文章をつくることが大事です。40代の場合には、仕事をしてきたキャリアは長いですが、仕事に対する考え方や視点が固まってしまいがちで、新たなチャレンジがしにくのではとよく思われがちです。実績や経験だけではなく、新しい環境に飛び込む積極性や意気込みも意識するといいかと思います。この歳でもまだ変われます!向上心があります!と前に前に気持ちを伝えていきましょう。

何歳の時点での転職活動なのかを考えて、年代に合った自己PR文をつくることが、自分を売りこみ、転職を成功させるためのポイントです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう