Google

二段階認証をタップ一回で!セキュリティアプリ「Krypton」とは

早速ですが、「Krypton」っていうアプリについてご紹介

その噂のツールが、これ。Kryptonっていいます。可愛い名前。すっごく愛くるし(くはない) これをiPhoneの方にインストールをして、ちょちょちょいってやるだけで簡単に二段階認証を設定することができるんです! 今回はそれについてご紹介したいと思います!

設定方法

1.インストール編

サイトへアクセスをします。(https://krypt.co/)アクセスした後、画面右上の「INSTALL KRYPTON」をクリックします。 クリックするとブラウザの拡張機能の追加画面が表示されてきますので、そちらの追加ボタンをクリックします。(画像ではすでに追加されている画面になっているので、「Chromeから削除します」と表示されていますが、ここが追加ボタンとなっています) 追加をしますと、画面右側にKryptonのアイコンが表示されるようになります。(右から二つ目の緑のアイコンになります。) 同じように、iPhoneの方にもkryptonもインストールしていきます。 App Storeの検索画面から、「krypton」と検索するとこちらのアプリがでてくるので、このアプリをインストールします。 これで、インストール編は終了です。

2.連携設定編

続いて、連携の方法についてのご紹介をします。 まず、iPhoneにインストールしたアプリを開きます。最初の画面に簡単な連携方法も書かれています。見た感じでだいたいわかるかと思いますが、それを実際にやってみます。 アプリを開いてまず、下のタブ部分の「Pair」をタップ。 すると、QRの読み取り画面が出てきますので、その状態で、ブラウザ側の方にあるKryptonアイコンをクリックするとQRが出てきますので、これをiPhoneの方で読み取ります。 (A:safariにインストールした場合、B:QRを読み取った時に表示される画面。「Pair」を押すと認証完了) これで、iPhoneとブラウザのKryptonの連携設定が完了しました!

3.現在対応している主なあれこれ

現在対応しているサイトは主に以下のようなサイトになっております。 また、現在ブラウザの拡張機能が対応されているブラウザは、
  • Safari
  • Chrome
  • Firefox
になっております。Edgeにつきましては、公式ではComing Soonの文字が。最終的には一般的に使用されているブラウザにはすべて対応していきそうです。 アプリ側の方の対応バージョンにつきましては、
  • iOS (10.0+)
  • Android (6.0+)
になっております。 各サイトとの設定方法につきましては、基本的にはまず二段階認証を設定するページでQRコードがほとんどのサイトで表示されますので、そのQRをアプリのPair画面で読み取りしていくという形になっていきます。無事認証が完了すると、各ブラウザ(拡張機能で追加されたアイコン部分)とアプリのアカウント一覧画面の連携したサイトの部分にチェックマークがついていたり「SECURED」の文字がついていると思います。その状態になれば無事設定完了です。 また、SSHにも対応しているので、TerminalやCommand画面で「kr me」とコマンドをうつだけで簡単に認証を設定することができます。 次回は、このKRYPTONを使って、ご自身のWordPressサイトのログイン二段階認証を、このApple Watchでカンタンに認証できる方法をご紹介! お楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう