キャッシング

【銀行をうまく使おう】おまとめローンってなに?

みなさんは、「おまとめローン」ってご存知でしょうか?

最近私がフリーランスになるための準備をしていて、税金やら銀行の管理やら、今は予定はないけどもし今後銀行からお金を借りてローンを組んだら・・・とか考えていた中で出会った今回のテーマ「おまとめローン」。

今回はこちらの簡単な仕組みとメリット、デメリットを簡単にご紹介したいと思います。

おまとめローンの仕組みをご紹介

まず、おまとめローンの仕組みからご紹介してみます。事前準備として、各それぞれ金融会社ごとの現在返済途中のローン状況をチェックしてみましょう。現時点で、手持ちのローンを全額完済するためには、あと何円必要なのかを調べてください。

合計金額が出たら、その合計金額に等しい金額を銀行のおまとめローンというところから融資を受け、まずは今ある手持ちのローンを借りた融資で全て支払ってしまいます。もし大口での融資を受けることができなかった場合は、現在借り入れしている融資を全て返済してしまう、ということはできません。

銀行だけに限らずほかの金融業者の場合でもおまとめローンというのは取り扱われており、おまとめローンは多くの人に利用されています。おまとめローンを利用するためにはまず、そのお金を借りるために審査を受ける必要があります。この審査に通り、おまとめローンとして融資されたお金は顧客の手には渡ることなく、おまとめローンを組んだ銀行から、借り入れ先の金融機関へと送金されていきます。それ以降はおまとめローンを組んだ銀行に対して、おまとめローンの返済を月々や年額単位でコツコツと行っていくという形です。その際のローンの利息は金利に基づいて日割り計算でされています。

前倒しで返済をすることによって利息がつく前に借りたお金を返すことができるので、そのぶんだけ利息を減額することができます。おまとめローンは使用すれば前倒しで返済が行われていきますので、結果的に完済に必要な金額はより少なくすることが可能になるわけです。

それに毎月1回返済日がくるので、今までの返済頻度の月2回、3回と返済していくよりも、金銭的な部分も精神的なストレスも軽減されるはずです。ローンを組むと、どうしても完全返済するまで全額返済できるかどうかという部分が精神的なプレッシャーになってしまいます。(不安になるくらいの収入が見込めないのならそもそも借り入れをするな、というのもありますが。)返済日が月一になることで精神的なストレスが緩和されるということは心の負担としてもとても大きな効果があります。銀行のような低金利での融資を可能としている場所からおまとめローンの融資を受けることで、今までのローンよりもより少ない金利で、より有利な条件でローンを利用できるので利息の節約効果もあるところがいいのです。

おまとめローンのメリットとは?

では、銀行のおまとめローンを利用するメリットとは一体何でしょうか。おまとめローンという金融商品を取り扱っているという銀行は決して珍しいわけじゃありませんが、並行して数社から借りているローンを一社に借り換えることによって、返済がしやすくするものが、おまとめローンの主旨になります。

おまとめローンを利用することでのメリットは、多くあります。

まず、月々の返済日が個別に設定されているままだと、複数から受けている融資を、一つずつ個別に返していかなければいけません。つまり複数のローンを組んでいればいるだけ、その数の返済日がやってくるので、毎月3回も4回も返済金額の用意をしなければいけないというめんどくささがあります。このお金の返済はその月の何日にいくらを返さなければいけないか、複数に渡って借り入れをしている場合は把握しづらい上に返済日を忘れたり見落としたりしてしまうリスクもあります。

一方でおまとめローンであれば、月1度の返済で済ませることができます。精神的なプレッシャーも減りますし、月1回に返済手続きをまとめられるので、その支払いが済んでしまえば、あとはもう翌月のことを考えていられます。また、低金利のおまとめローンにすることで、結果的に返す金額をより低く抑えることもできるといわれており、複数の会社からキャッシングを利用している場合、おまとめローンの方で返済金を用意することができずにお金が返せないということにもなったります。(場合によっては新しくキャッシングを融資を受けることで、目先の返済日のためのお金をまたローンやキャッシングで準備してしまうという悪循環に陥っている人もいます。)

そういうお金の借り方をしていれば、最初は良くても、借り入れ金額に利子が上乗せされ、借金の額が雪だるま式に増えていってしまいます。状況が致命的に悪化していまった後では、リカバリーもきかなくなります。おまとめローンを検討して、可能であれば利用することで、自己破産を回避できる可能性があります。おまとめローンを取り扱っている銀行はいくつもあります。数社からお金を借りている人は、状況を打破する方法を探してみてください。

おまとめローンのデメリットとは?

低金利でかつ大口の融資を受けられるというのがおまとめローンのメリットでした。

では、おまとめローンのデメリットとは何でしょうか。銀行のおまとめローンでは、審査に通過しにくいという点で、要注意が必要です。まとまった金額の融資を受けることができないと、おまとめローンを使用してのローンの一本化をすることはできません。返済ができないというリスクの可能性を考えれば、銀行側もできる限り信用力のあるお客さまにだけ貸したいと思うでしょう。金額が大きくればなるほど、仮に返済が滞ってしまった場合のリスクも高くなってくるので、誰かれ構わず貸し出しするという訳にはいきません。

それは融資を行う銀行のほうが、ある程度のリスクを抱えてしまうことになってしまいますので、それに備えての審査も慎重にならざるをえません。おまとめローンの審査にOKサインが出て、銀行からの融資をしてもらえれば、そのお金を使って、今までのローンをまとめて返済することができます。返済に余裕が出てくると、「お、月々の支払額も減ったから少し懐に余裕が出てきたかも?」と、別のローンを組む余地がでてきたと感じる人もいるかと思います。月に何度もあった返済日が、1回限りになりそれに伴って毎月の返済額も減ってくると、その安心感から買いたいものやお金を使うものに関心が向いたりしてしまいます。そこは自制心を持っていくのが大事なところです。おまとめローンを利用している人の中にはローンの完済が完全にできていない段階で、すでに次のローンを組んでしまったという「やっちまってる」人もいますので、そこは「やっちまわないように」要注意してください。

銀行のおまとめローンにはもちろんメリットはありますが、忘れずに必ず覚えておいていただきたい事があります。それは、おまとめローンを利用することによって完済までにかかる費用が減ったとしても、「借金自体はそのままある」ということです。審査が通って、銀行からお金を借りることができたことによって気が緩んでしまったりして、せっかく返済をまとめられたのにその返済が滞ってしまう人もいます。そんな最中で新しいローンは絶対に組まないようにし、今返済中のおまとめローンのことだけをまず考え、銀行にコツコツと返済を続けるようにしましょう。あとで痛い目見るのは自分です。

銀行をうまく使ってよりよいローンにしよう

いかがでしたでしょうか?

いくつもの金融機関で借り入れしているローンを「おまとめローン」という形でまとめることができるって、私は知りませんでした。(それぞれ別の金融業者だからまとめることができる、ということを知った時点でも驚きでした。)

皆さんも、返済日がバラバラだったりしていることに悩みや不満があったり、借り入れしたとしてもその「借りれた」という浮ついた気持ちからまたローンを組むなどバカなことはせず、一つ一つを確実に返済していきましょうね。

もう一度言いますが、むやみに借り入れしまくってローンも通らなくなった時、一番痛い目見るのも後悔するのも、あなたですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう