アプリ

コピーでデバイス間を超える「Magic Copy」が使えるようになるまでの手順を徹底説明します

元号変わって最初のブログです!令和第一弾のブログは「Magic Copy」というツールのご紹介です。

まず初めにですが、どんな時に使うの?っていう疑問が最初に来るかと思いますので、そちらからご紹介していきましょうかね。

デバイスの切り替えを素早く!「Magic Copy」が使えるようになるまでの手順を徹底説明します

さて、この「Magic Copy」というアプリ、どんなときに使うのが良いのでしょうか?

ズバリ!こんなときにオススメです!↓

こんな人に特にオススメ!
  • PCで表示しているサイトを瞬時にスマホで閲覧したい
  • サイトコーディング中に、スマホ版のブラウザ確認をすぐ行いたい
  • スマホでみているyoutubeのリンクやtwitterなどのSNSで見つけたページをすぐにPCで閲覧したい
  • PCで長文を打って、その文字をスマホですぐ送りたいとき
  • PCで閲覧している記事の良いと思ったところをすぐに抜粋してスマホにメモしたい

というような感じになります。

私は特にスマホで普段ネットサーフィンをしていて、「あ、この記事いいな」「このサイトのPC版すぐ見たいな」ってときにめちゃくちゃ重宝しています。

他も、サイトコーディング作業をしているかたわら、PCとスマホの両ブラウザでの表示確認をしなくてはならないので、その際にもめちゃくちゃ役に立ってます。

PCにパスワードとか全部管理してて、めっちゃ複雑なパスワードとか設定してて、それをスマホで打ちたいんだけど複雑ですごい難しい。ってときにPCからコピーしてくることでワンタップでコピーをしてパスワード問題もクリアすることができます。お見事ですね。

ちなみに、コピー履歴は残るので簡易的なメモにもなるんですよ。

まずはダウンロード。Magic Copyインストール編

PCの場合(今回はMac OS)

まず、サイトへ行きましょう。(Magic Copy

Download For Free」というボタンをクリック。

すると、エセサンタみたいなおじいちゃんが首振って踊ってる場所まで連れてかれるので、「Desktop」の「Mac」をクリックします。

クリックするとMac App Storeへ遷移します。Magic CopyはMacbookのデフォルトアプリであるMac App Storeにありますので、「View in Mac App Store ↗︎」をクリックしてApp Storeへ飛びましょう。

遷移する前にアラートが出ますので、「App Storeを開く」をクリックしてください。

すると、このような画面に行くと思います。(ダークモードが好きなのでStoreは暗いのです)

現状はもうインストールしてしまったので「開く」となっていますが、まだインストールしていない人は「インストール」と出ていると思いますので、右側の青のボタン「インストール」をクリックします。これでインストール完了になります。

iOSの場合(今回はiOS)

まずはApp Storeを開きます。(Magic Copyアプリはこちら

こちらもすでに私はインストールしてしまっているので、「開く」となっていますが、ゲームアプリをインストールするように、「インストール」ボタンをクリックして頂ければ完了です。

アカウントを作成して、コピーの儀式に備えましょう。Magic Copy 設定編

まずは、Magic Copyで使用するアカウントを作成しましょう。

アプリを起動します。「Sign up」ボタンをタップします。

ここで、Magic Copyに使用するメールアドレスとそのパスワードを設定します。それぞれ項目を入力したら「Sign up」を押します。

サインアップが完了しますと、こちらの画面に遷移するかと思います。これで、アカウント作成が完了します。カンタンです。

作成したアカウントで、Macbookの方でもログインしておきましょう。

Macbookの方でも作成したアカウントでMagic Copyにログインしておきましょう。まずはアプリを起動しましょう。

アプリケーションを起動すると、Macbook上の上のツールバー部分にこんなマークが追加されると思います。

赤い四角で囲われているアイコンが表示されている時がMagic Copyが起動している状態ということになります。このアイコンをクリックするとこのようなポップアップが表示されますので、「Sign up」をクリックしましょう。

クリックすると、下の画像のようなポップアップが表示されますので、ここでログインをします。(iOSアプリのほうで登録をまだしていない人は画面下の「Register」ボタンから登録することも可能です。)

メールアドレスと、パスワードを入力して「Login」ボタンを押し、このポップアップ画面が消えたらログイン完了です。

実際に使ってみよう!Magic Copy使用編

それではスマホ、PCそれぞれインストールが完了し、アカウントの作成をしてそれぞれログインしましたので、実際に使ってみましょう。

スマホからボードにコピーする場合

それでは最初は、スマホからコピーしてPCに反映できる方法をご紹介します。

まずは、アプリを起動して、画面右上の文房具マークのようなアイコンをタップします。

こちらのアイコンは、ここで自分で文字を入力したり音声入力で文字を入力することができます。今回は、気持ちプレスのサイトURLを入力してみました。

入力した状態で、画面右上のクリップマークをタップします。これで、自分で入力したテキストをコピーすることができるようになります。

このようにリスト形式で一覧でコピーできる内容が反映されていきます。

コピーする内容の下に書かれている「Copied from iPhone」というのは、「どのデバイスでコピー作業を行ったか(どのデバイスで作成されたコピーなのか)」というのを表記してくれています。これがMacbookだと「Copied from Macbook」と表記されます。

では、PCのほうを確認してみましょう。画面上のツールバー部分の、Magic Copyのアイコンをクリックします。

すると、先ほどスマホで作成したリンクが表示されていますね。

コピーはカンタンです。コピーしたいボードにカーソルを合わせると、バツマークと目のマークが出てくるので、目のマークをクリックします。ちなみに、バツマークはそのコピーボードを削除することができます。

クリックすると、iPhoneアプリにデフォルトで入っているメモ帳のような、好きなだけ文字を入力できるスペースが表示されます。ここのテキストをコピーすることで、コピーが完了します。

しかもここではなんと、コピーする内容を追加・削除することが後から変更可能なのです。追加、変更をして「Save」を押せば完了です。

またこれはスマホ側からでも追加・削除が可能です。スマホでは、変更したいボードを選択してタップします。

すると、コピー・閲覧・シェアの三つの項目が出てくるので、真ん中の「View」をタップ。

上記画像のように、こちらから追加・変更が可能です。変更後、右上のクリップマークをタップすれば内容が保存されます。

PCからボードへコピーする場合

次に、PCからのコピーする場合をご紹介します。

まず、アプリケーションを起動しましょう。(Finder>アプリケーションで選択するか、Lanchpadを起動し、そこから選択します。)

起動すると、いつものツールバー部分にアイコンが追加されるので、こちらをクリック。

クリックするとボード一覧画面が表示されるので、左下のペンマークをクリックします。

クリックするとノートのページに移動しますので、こちらにコピー内容をペーストし、「Save」を押すとボードが作成されます。

saveボタンを押すとボードに追加されていますね。

では、この状態でスマホのアプリの方を見てみましょう。

画像のとおり、スマホでみてもちゃんと反映されております。

また便利なのが、PCの場合はPCで作成されたボードはワンクリックでコピーが可能なのです。先ほどのボード一覧部分でそのボードを一度クリックすることで簡単にコピーをすることができます。

Magic Copyを使ってスピード感のある作業を!

いかがでしたでしょうか?

世の中にはどんどん便利なアプリやツールが出てきていますね。今回ご紹介したMagic Copyはとっても便利なので、是非是非使ってみる価値ありです。僕自身も常日頃こういうツールを探っていますので、今後もより良いアプリやツールをご紹介していきたいと思います!

それではみなさん、令和時代も頑張っていきましょ〜!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう