キャッシュレス

【騙されるな】キャッシュレスがお得なのはいつまでも続くわけではない

久々に投稿します。皆さんおはこんばんにちは。

今日の記事はそこまで内容ながくないので、さらっと読んじゃってください。

ただ、今日の内容はとっても重要。

増税に伴って新しいキャッシュレス事業がスタート

このブログを執筆している2019年10月1日、日本は増税を迎え消費税が8%→10%へと増税しました。

痛い。非常に痛い。

ただでさえ税金祭りだっていうのに、また税金持っていくんですか…という感じ。これに走行税だのSNS税だのと増やそうとしている日本はどこを目指していて何がしたいんだろうと思う日々でございます。

そんな増税と同時に、こんなものも始まりました。

キャッシュレス・ポイント還元事業
(キャッシュレス・消費者還元事業)

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

(引用元:https://cashless.go.jp/)

というようなもの。

簡単に内容を説明すると、
現金での支払いではなくて電子決済で会計を済ませると数%お値引きしますよ
といった内容。

「え、値引きされるの?!めっちゃいいやん!」

ってなりますよね。もちろん値引きされるんだからお得になるんです。

 

 

こんな感じで早速お得に買い物をしている人が増えてきています。

ちなみに現在対応している主力電子決済(キャッシュレス)は以下の通り。

  • LINE Pay
  • Pay Pay
  • Quick Pay
  • Suica
  • d払い
  • ORIGAMI Pay
  • Rakuten Pay
  • メルペイ
  • iD

etc…

ほぼ全ての電子決済が対応してます。

自分が使っている or 持っている電子決済が使えるかどうかこちらのページで検索かけてみるとだいたい出てくるかと思います。
https://cashless.go.jp/consumer/non-bin-settlement-company-typeA.html

それぞれの決済ごとのお得さ比較

Twitterにて、とてもありがたくわかりやすい比較をしている方がいたので、そちらを引用。

こちらのツイートをサイトでも簡単にご説明。

QR決済手段はどれがいいか? PayPay 店舗数が多い 抽象店舗での還元率が高い キャンペーンが多い 楽天Pay 還元上限なし 対応全店舗必ず5%以上の還元あり LINE Pay 大手コンビニは全てカバー d払い 最大20%還元 ORIGAMI Pay +3%還元(〜2020/1/31)2019年末145万店舗予定。 au Pay セブンイレブンで20%還元キャンペーン。楽天ペイと連携 メルペイ LINE Pay、iDなどと連携

主な決済事業者の上乗せポイント
決済手段の簡単な選び方

(そのまま貼っただけで済んじゃいました。。笑)

【騙されるな】キャッシュレスがお得なのはいつまでも続くわけではない

さてここで今回最大の問題。それは、

このキャッシュレスでお得な日々はずっと続くわけではないということ。

そう、このキャッシュレス事業には期限があるのです。

ある種、「増税したことをしんどく思わせないで増税させる」&「日本のキャッシュレス化を加速させる」為にしているようなもの。ちなみにこの事業を進める為に政府が出した予算が2,798億円。なんだかもっと他の使い方とか政策なかったのかな〜と。思っちゃいますよね。

そして、この政策はいつまで続くのか。それは

キャッシュレスで還元してくれる期限は2020年6月末まで!!

そうです。一年ないです。ぜーんぜんあっという間にこの事業は終わりを迎えてしまいます。同時期には東京オリンピックも重なるので、なおのこと国民の皆さんはキャッシュレスで還元してくれる期限を忘れてしまうことでしょう。

1年も経たずに本当の10%が待っているんですから。

【対策】少しでもお得に日々を過ごすには?!

では、少しでも日々をお得に過ごす為にはどうすればいいでしょうか。

僕も実践している、現段階で間違いなくお得な方法をおしらせします。

1. 現金を極力使わない

まずこれに尽きます。最近は私はApple Watchに楽天カードを登録して、Quick Pay決済で日々の決済をしています。

キャッシュレス自体は財布も持たなくていいから本当に便利なんです。でも、現金払いしか対応していないお店ももちろんある為、事前にチェックしてからお店に行くといいかもしれませんね。(現金忘れたらその場で皿洗いバイトをしなきゃいけなくなっちゃう)

あとシンプルにそろそろ小銭とかカードで手持ちが重たくなる生活から脱却しましょう。

2. ポイント還元のあるカードや電子決済を使用する

ここが一番重要かと思います。キャッシュレス還元の事業中に使用すれば普段の使用ポイントにプラスして会計料金の還元もあってよりお得になります。還元事業が終わっても、現金と同じ額支払ったとしてもカードに付帯しているポイントでの還元自体は変わらずされるため、確実にお得です。貯まったポイントはそれぞれ1ポイント=1円として使用できるカードがほとんどですので、自分の使用場所にあったカードを選ぶと良いでしょう。

要点まとめ
  1. 現金を極力使わない
  2. ポイント還元のあるカードや電子決済を使用する

キャッシュレスはこのカードがお得!

最後に、様々な種類があるカードの中から、お得なカードを厳選してご紹介します。

是非ご参考までに。

楽天カード

  • 発行手数料&年会費永年無料
  • 口座開設&利用で最大5,000ptもらえる!(ポイントはコンビニや飲食店等で使用可能)
  • 審査も基準が低く比較的作りやすい
  • カードに楽天ペイが自動的に付与されている

口座開設はこちらから

Manepa Card

マネパカード
  • 発行手数料&年会費永年無料
  • 世界6通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)を1枚のカードにチャージできる
  • 海外ショッピングに便利なだけでなく、ご利用額の1%をキャッシュバック
  • 両替手数料(相当額)が最大90%OFF、海外で使える他社のプリペイドカードと比較しても、最大で65%OFF
  • 外貨を日本円に再度両替する時の手数料(相当額)も無料

口座開設はこちらから

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン CSカード

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン
  • 西武・そごうで2つのポイントが貯まる!
  • セブン&アイグループ対象加盟店でもポイントが貯まる!
  • 有効期限のない『永久不滅ポイント』が貯まる!
  • 年会費無料!
  • 西武・そごう、e.デパートにてクレジットでのお支払いで5~7%のクラブ・オン/ミレニアムポイントが貯まります。
    ※1回1,000円(税・配送料など除く)以上のお買い上げが対象となります。
    ※食品・専門店など、ポイント率が1%となる売場・商品がございます。
    ※一部ポイント除外となる売場・商品がございます。
  • セブン‐イレブンなど、セブン&アイグループ対象加盟店でも200円(税込)につき1ポイントクラブ・オン/ミレニアムポイントが貯まる。イトーヨーカドーなら毎月8の付く日『ハッピーデー』でほとんど全品5%OFF
    ※一部除外となる売場などがございます。
  • さらに国内・海外問わずクレジットでのお支払いで1,000円(税込)につき1ポイント永久不滅ポイントが貯まる!

P.S. 電子マネー関連の記事もあるので読んでみてネ。

あわせて読みたい
コンビニでは「切手類」は電子マネーでは買えない?!コンビニでは「切手類」は電子マネーで決済ができない? 現在通っている職場に行く道中で、毎日会社の先輩を乗せてほぼ必ず毎日セブンイレブン...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう